安全情報

警察:117 消防:118 救急:144

最寄りの警察署: Aargau Appenzell-AusserRhoden Appenzell-InnerRhoden Basel-Landschaft Basel-Stadt

            Bern Fribourg Glarus Graubunden Jura Luzern Neuchatel Nidwalden Obwalden

            Sankt-Gallen Schaffhausen Schwyz Solothurn Thurgau Uri Zug Zürich

            チューリッヒ中央駅 バーゼル駅 ベルン駅 チューリッヒ空港 バーゼル空港

旅行者の皆さまへ「旅行中に盗難にあったら」PDF

滞在及び旅行に際しての注意事項

 スイスは一般的に治安の良い国だと思われがちですが、日本と比べ一般犯罪の発生率が高く、特にスリや置き引きに対する注意が必要です。チューリッヒ、ジュネーブ、バーゼル、ベルン等の都市部においては、路上強盗、窃盗、性犯罪等の犯罪発生率が高く、旅行者がチューリッヒ空港又は同空港に接続する鉄道駅等でスリや置引きの被害に遭う事例が多数確認されています。列車やバスなどをご利用の際は、貴重品を体から離さないように注意して下さい。

 近年,海外において日本人女性が性的暴行の被害に遭う事例がしばしば発生しています。こちら(海外における女性に対する性的暴行に対する注意喚起)をご確認の上、自らの安全確保に努めてください。

 また、旅行中に登山やトレッキングを計画される方は、こちら(海外における登山、トレッキングに関する注意)をご参照ください。

安全に関する情報

  1. 外務省 海外安全ホームページ(危険・スポット・広域情報など)
  1. 安全対策基礎データ(査証・出入国審査、滞在時の注意事項など)
  1. テロ・誘拐情勢
  1. 安全対策情報(四半期毎)
     1 社会・治安情勢
     2 一般犯罪・凶悪犯罪の傾向
     (1)一般犯罪の傾向 (2)邦人被害事案 (3)邦人以外の被害事案
     3 テロ・爆弾事件発生状況
     4 誘拐・脅迫事件発生状況
     5 日本企業の安全に関わる諸問題
  2. 在留邦人向け安全の手引き
     1 はじめに
     2 防犯の手引き
     (1)防犯の基本的心備え (2)スイスにおける犯罪発生状況 (3)防犯のための注意事項
     (4)交通事情と事故対策 (5)テロ対策 (6)緊急時の連絡先
     3 在留邦人用緊急事態対処マニュアル
    (1)平素の準備と心構え (2)緊急時の行動  
  3. 各種パンフレット・資料(外務省)

安全情報・治安情勢に関する領事メール

2018年 2017年 2016年

邦人の犯罪被害例

2018年 2017年 2016年

※犯罪被害者支援に関する相談窓口はこちらをご覧ください。