ベルン歴史博物館において茶道デモンストレーション開催

茶道デモンストレーション

 

 2018年6月17日(日)ベルン歴史博物館にある日本コレクションの常設展示コーナー内の茶室において、当館と同博物館の共催で茶道デモンストレーションを行いました。

 ベルン歴史博物館は豊富な日本コレクションを有しており、その中には漆細工や日本刀、鎧兜など貴重な作品が含まれています。その展示コーナーの一角に茶室のレプリカがあります。当館とベルン歴史博物館双方の意向で今回の協力が実現し、博物館のこの茶室に再び息吹が吹き込まれました。この日は裏千家の山田博美教授に講師を務めていただき、2回のデモンストレーションを行いました。途中、茶道に関する詳しい説明もしていただきました。いずれの回も満席となり、参加者全員に茶菓子と抹茶が振る舞われ、皆さん本企画を楽しんでいらっしゃいました。

 次回の茶道デモンストレーションは今秋に企画していますので、詳細が決まり次第ベルン歴史博物館及び当館から改めてご案内いたします。

 

 

ベルン歴史博物館エジプト・アジア・欧州・オセアニア民族学担当の学芸員フォン・シュトックハウゼン氏による挨拶

当館広報文化センター下飼手所長による挨拶

 

裏千家の山田博美教授による茶道デモンストレーション