日本文化体験講習会(Japan aktiv erleben)の一環として、書道ワークショップを開催しました

2021/10/26
正しい筆の持ち方を見せるスルツベルガー氏
日本の文字について説明している様子
10月8日(金)、日本文化体験講習会(Japan aktiv erleben)の一環として、書道ワークショップを開催しました。第一部はクロイツリンゲン高等教育専門学校の生徒の皆さんを対象に、つづいて第二部では一般の参加者を対象に実施し、合計で40名を超える方が参加してくださいました。

ワークショップの冒頭、講師の元日本語教師スルツベルガー・佐和子氏が日本語と日本の文字について説明し、その後、参加された皆さんは筆の持ち方や字の書き方の指導を受けながら、実際に筆と墨を使って半紙にご自身のお名前をカタカナで書いていきました。
 
真剣に取り組む参加者の様子
正しい筆の運び方を指導している様子
当館では、約20名のグループを対象に、書道、折り紙などの日本文化ワークショップ「Japan aktiv erleben」を開催しています。詳しい情報はこちら(ドイツ語)をご覧ください。ご興味のある方は、当館広報文化センターまでお気軽にお問い合わせください。

Tel.: 031 305 15 70
Email: jicc@br.mofa.go.jp