安全情報

2020/7/9

滞在及び旅行に際しての注意事項

スイスは一般的に治安の良い国だと思われがちですが、日本と比べ一般犯罪の発生率が高く、特にスリや置き引きに対する注意が必要です。チューリッヒ、ジュネーブ、バーゼル、ベルン等の都市部においては、路上強盗、窃盗、性犯罪等の犯罪発生率が高く、旅行者がチューリッヒ空港又は同空港に接続する鉄道駅等でスリや置引きの被害に遭う事例が多数確認されています。列車やバスなどをご利用の際は、貴重品を体から離さないように注意して下さい。

近年,海外において日本人女性が性的暴行の被害に遭う事例がしばしば発生しています。こちら(海外における女性に対する性的暴行に対する注意喚起)をご確認の上、自らの安全確保に努めてください。

また、旅行中に登山やトレッキングを計画される方は、こちら(海外における登山、トレッキングに関する注意)をご参照ください。

安全に関する情報

1. 外務省 海外安全ホームページ(危険・スポット・広域情報など) 2. 安全対策基礎データ(査証・出入国審査、滞在時の注意事項など) 3. テロ・誘拐情勢 4. 安全対策情報(2020年4~6月版)

5. 安全の手引き(2020年5月4日更新)

6. 各種パンフレット・資料(外務省)


   

邦人の犯罪被害例
2019年
2018年
2017年

※犯罪被害者支援に関する相談窓口はこちらをご覧ください。